ゆるく生きるためのブログ

ゆるく生きるためにどうしたらいいかを考え、実行するブログにしようとしてます。

【レビュー】ザバス・ミルクプロテインのメリット・デメリット!

f:id:Loosely:20210311201156j:plain


どうも!皆さんこんにちは、Looselyです!


皆さんはどのようなプロテインを飲んでいるでしょうか?


恐らくは粉末タイプのホエイプロテインが一番多いと思います。


しかし粉末タイプのプロテインは作るのに失敗するとダマになったり、容器を洗うのが面倒だったり、ベタベタしたりしますよね?


今回レビューするのは、そんな煩わしさなど皆無なプロテイン。


【ザバスミルクプロテイン】をレビューします!


個人的結論から言うと、どっちもどっちです。


粉末タイプもドリンクタイプもどちらもメリット、デメリットがあります。


では、ザバスミルクプロテインはどのようなメリットとデメリットがあるかをレビューしていきましょう!


ザバスミルクプロテインのメリット

1.200mlでタンパク質15g

ザバスミルクプロテインは860ml、430ml、200mlがあります。


860mlはタンパク質が30g入っていますが、1L近く飲んでタンパク質が30gは割に合いませんよね?


お腹タプタプになります。笑


430mlは15gなので30g摂取したければ、結局お腹タプタプです。


それに比べて200mlは、2本で400mlな上にタンパク質を30g摂取できます。


これだけでも、200mlが優秀なのが分かりますね!


2.常温保存が可能な上コンパクトで持ち運べる

普通のプロテインは常温保存出来ませんし、持ち運びもシェイカーが割と大きいので難しいです。


そもそも粉末タイプは作った後に保存も持ち運びも推奨していません。


なので、常温保存ができて持ち運びできるこのプロテインは非常に助かりますね!



3.カゼインプロテイン80%である

ザバスミルクプロテインはカゼインプロテインが80%とホエイプロテインが20%です。


この利点は、カゼインプロテインは消化吸収が遅く、消化吸収するまで約7〜8時間とゆっくりです。


筋トレ後のプロテイン摂取には向いてませんが、寝る前に飲むことで、睡眠中の筋肉分解を抑制してくれる働きがあります。


筋肉の分解や筋タンパク質合成についての記事が他にありますので、参考にしてみてください。





4.普通に美味しいし飲みやすい


僕は断然バナナ味です!笑


粉末タイプは、別に牛乳を用意したり、少し入れる量を間違えると薄くなったり濃ゆくなったりします。


ココア・ミルク・バナナ・バニラと4つのフレーバーがあり、どれか1つは好みの味が見つかるでしょう。

 

5.手軽にタンパク質を摂取できる


シェイクしなくていい!!


これにつきます。笑


他にコンビニやスーパー、ドラッグストア等で買ってすぐ飲めるのも魅力です。



ザバスミルクプロテインのデメリット

1.ホエイプロテインではない


上記でザバスミルクプロテインはカゼインプロテインだという話をしましたね。


筋トレ後のゴールデンタイムに飲むものではないので、目的が違う人は、これを飲む理由はありません。


2.15gしか摂取できない

粉末タイプは一回で20g以上のタンパク質を摂取することができます。


ホエイプロテインならゴールデンタイムにしっかり飲むことで、筋肉をつくることができる合成反応【筋タンパク質合成】が更に活発化するのを狙うことができます。



筋トレ中〜上級者にとっては、物足りない差を感じるかもしれません。



3. 粉末タイプより割高になりやすい

スーパーやドラッグストアで買えば130円程で買えますが、コンビニで買うと160円近くなります。



粉末タイプは48食で6000円程度ですが、160円を買い続けると7600円と割高になってしまします。



おすすめは楽天やAmazonで買うことです。



値段も安めに設定されてますので、48本で6000円と粉末タイプと同じ値段になります。




まとめ


僕は面倒臭がりなので、このザバスミルクプロテイン一択です。笑

後、継続しやすいというのもこのタイプのプロテインのメリットだと思います。


飲まないより飲んだ方がいいですしね。


しっかりと筋トレをつけたい人は粉末のホエイプロテインを摂取した方がいいです。


しかし朝や寝る前にザバスミルクプロテインを手軽に飲んで、筋トレ後に粉末タイプのホエイプロテインを摂取すれば効率が良いのではないかと思います。


今回は以上となります。

お疲れ様でした!