緩く生きていく日記

日本一周のブログとか、介護福祉士としてのブログとかやってます

日本一周の旅 十三日目 上陸

快活クラブで寝るのは慣れたのだろうか?

今回も夢は見なかった。
熟睡できたのだろうか?

慣れたのではなく、寒くないように
ブランケットを沢山奪って寝たのが
良かったのだろうか?

考えは尽きないが、寝れたのだから
問題はない。

しかしまだ寒い。
温かいココアを持ってきて
ブランケットに包まりながらいただく。

一息ついたらシャワーを浴びて
モーニングを食べる。

7時半。

快活クラブを出発し
大間のフェリーターミナルへ。

およそ3時間の長旅になるのだが
この旅で距離感覚がおかしくなったのか
その程度では長旅とは思えなくなっている。

約150kmの道程をゆっくり走る。

フェリーの出航時間は14時10分だ。
余裕をもって到着できる。

予想通り、出航の2時間前に到着。

ターミナルでスマートチェックインを使い
乗車券を発行する。

待ち時間の間は、少し大間の街に出て
ホームセンター等をウィンドウショッピングを
して時間を潰す。

いよいよ北海道への船旅が始まる。

早目に待っていた為か、二番目に
ジムニーと共に乗船。

出航してすぐに甲板へ。

風が強い。

しかし気持ちがいい。
今は肌寒いはずが、晴天の為太陽の陽射しが
暖かく寒さを和らげてくれる。

しばらくの間、海を満喫したら
席に戻り予定の確認をする。

北海道最初の目的地は最南端、白神岬。

少しでも近づいて車中泊をしたいので
一番近い道の駅まで行けたら行く。

無理なら最寄りの道の駅で車中泊
という形をとることに。

下船の時間。
少し名残惜しいが本州に戻る時に
またフェリーに乗るので、その時に
楽しむことにしよう。

函館の街に降り立った後は
すぐにガソリンスタンドへ。

北海道には街と街の間広い。 
入れれる時に満タンに入れなければ
ガス欠の恐れが付き纏う。

そして夕食の買い物をして
目的地の道の駅へ。

話に聞いていた通り、北海道は
信号が少なくてストレスなく走れる。

道央の方に行ったら
もっと走りやすいのだろうか?
楽しみだ。

何とか暗くなる前に道の駅に到着。 
今日はここで車中泊をする。

初めての北海道。
空気の吸った時は潮の匂いが強かった。

きっとこの匂いは忘れることはないだろう。