緩く生きていく日記

日本一周のブログとか、介護福祉士としてのブログとかやってます

日本一周の旅 七日目 自分の心

群馬での一夜は長野程寒くはなかった。

3時位に起きることはあったし寒さはあったが
寝袋を頭まで被ることはなかった。

二度寝を決めて。再び起きたのは6時。

最近は車中泊に慣れてきたのか
割とグッスリ眠れている。

鍵をかけれるとかけれないとじゃあ
やっぱり安心感が違う。

快活クラブにも鍵がかけれる部屋は存在するが
料金が高い。闇雲には使えないのだ。

一つ考えたことがある。

今の方針は暗くなる前に道の駅もしくは
快活クラブに行き、夜を明かしている。

快活クラブの場合はシャワーを借りたり
できる為清潔を保持できる。

車中泊の時は昨日の作戦があるとはいえ
連泊は2連もしくは3連泊だろう。

そしてどちらも大体3時4時に起きている。

つまり、快活クラブにある程度近い
道の駅で休み、5時位に快活クラブに入る。

そしてシャワーを浴びて、モーニングで朝食。

これならシャワー無料のところは
3時間で1000円程度で済む。

シャワーやWi-Fiが使えて朝食もとれて
情報収穫も出来る。

明日はこれを実践してみよう。
起きれたらね!

閑話休題

道の駅を出て近くのコンビニで朝食を食べる。
今回の目的地は榛名神社だったが
生憎と天気が悪い。

天気が悪い日の山を舐めていたら
地獄をみるので、泣く泣く断念。

目的地を変更する。

向かった先は群馬県太田市にある
冠稲荷神社。


冠稲荷神社

1125年(天治2年)、源義国による創建と伝わる。

1174年(承安4年)、源義経が奥州に下向する際、源氏ゆかりの社であることを知り、冠の中に勧請してきた伏見稲荷大社の分霊を鎮祭したとされる。

1333年(元弘3年、正慶2年)、新田義貞が挙兵の際、社の前で兜(冠)の中に神霊を呼び、必勝祈願した。これらの故事にちなんで「冠稲荷」、「冠稲荷大明神」と呼ばれるようになった。

境内に咲く県指定天然記念物の木瓜の花は有名。


神社についた時には大型のバスや
車が多くあった。

まだ9時前なのに何故だろうと思いながら
鳥居をくぐると答えはすぐにあった。

境内経由で幼稚園に通える道があるのだ。

なるほどと思いながら参拝を済ませ
おみくじを引こうとしたが
どうやら9時からの様だった。

後20分はあるため近くのコンビニまで
散歩がてらトイレへ。

戻って来た時には9時を越えていたので
勾玉おみくじを購入。

おみくじの種類が10種類はある程
豊富な神社で、サンリオおみくじなる
ものもあったので購入。
おまけにサンリオキャラクターのマスコットが
入っているらしい。

帰って母と開けるまで封印しておくことに。

次の目的はご当地キティちゃんを探すのだが
割とグンマちゃんに支配されている。

前橋駅にはなかったが
高崎駅で見つけ無事GET。
ついでに駅弁もGET。

目的は済んだので新潟に帰ることにする。

国道17号線を通って新潟へ戻るのだが
やはりやはり峠越え。

日本での宿命である。

峠越えは神経を使うのでかなりキツい上に
後ろの車が車間距離を詰めてくる場合も
あるので質が悪い。

そんな愚痴を零しながらも
中継地点の沼田市に到着。

近くのコンビニで高崎で買って駅弁を食べ
小休憩した後に新潟県南魚沼市に向かう。

はいはい峠峠とか、思いながら越えるが
途中何度か工事中で片側通行で長く待ったり
しながら、峠を越える。

本来なら南魚沼市の道の駅で朝まで過ごそうか
考えていたのだが、快活クラブがない。

朝のシュミレーションを思い出し
もう少し頑張ることに

最終的に長岡市の道の駅で沈没。

翌朝まで寝ることに。

夕食を食べ、体や顔、口の中も丹念に
拭いて就寝する。

明日シャワーを浴びる予定なので
ドライシャンプーは無し。 

今日も峠越えでメンタルが削られたが
夜じゃないだけマシである。

こうして自分の心の弱さを露呈していく
旅になってきているが

この旅が終わる頃には
今より少しでもマシになっていれば
個人的に嬉しい限りである。