緩く生きていく日記

日本一周のブログとか、介護福祉士としてのブログとかやってます

日本一周の旅 一日目 福岡県~島根県 出雲大社のパワーで寂しさを乗り越えろ!

朝は3時半に起きる。

今日、日本一周の旅がとうとう始まるのだ。
正直準備をするのが怠かった

なんでこんな苦行地味たことを
するのだろうと。笑

しかし北海道には行ってみたいという
気持ちがあった。愛車のジムニーと共に。

夢を叶えに行きたい。


じゃあ行こう!




色々準備をしている間に5時半に
なってしまった。そろそろ出発しなければ。

ジムニーに荷物を全部乗せ、出発!
しばらくの間、家とはお別れ。
少し寂しさを感じるが、日本一周の開始だ!

福岡県はゴールに設定しているので最後の
目的地となる。

最初の目的地は島根の出雲大社
山口県も終盤に寄るためスルー。

かなり距離があるが、問題はない!笑

関門海峡トンネルを抜け山口県に入る。
この時点で7時は過ぎていた。

休憩を挟みながら島根までの道を走る。
途中で眠くなりながらも必死に耐える。

変な道に入っても泣かない!




f:id:Loosely:20201211110153j:plain

出雲大社

出雲大社(いずもおおやしろ)、
正仮名遣いでは

いづもおほやしろ/ いずもたいしゃ

島根県出雲市大社町杵築東にある神社。
祭神は大国主大神

式内社(名神大)、出雲国一宮で
旧社格は官幣大社

神社本庁の別表神社
宗教法人出雲大社教の宗祠。

二拝四拍手一拝の作法で拝礼する。
明治維新に伴う近代社格制度下に
おいて唯一「大社」を名乗る神社で
あった。(Wikipedia抜粋)

多少雨が降っていたので、傘を取り出そうと
思っていたが、見当たらない。

まさか忘れてきた…?笑

一旦近くのコンビニまで行って傘を買う。
戻った時には雨は殆ど降っていなかった…。

まぁ、こんなこともあるさ。


コロナウィルスの影響で人は少ないけど
まったくいない訳ではないですね
f:id:Loosely:20201211110201j:plain


大きい注連縄だぁ
f:id:Loosely:20201211111955j:plain


こういう構図に惹かれます
f:id:Loosely:20201211112000j:plain


写真を撮る練習。笑
f:id:Loosely:20201211112006j:plain



出雲大社をぐるっと見学し、参拝をする。

祈願するのはもちろん旅の安全と
家族が健康でありますように。

その他出雲大社には
縁結びにご利益があると言われている。

もし良縁を結びたい方がいたら
一度出雲大社に参拝してはどうだろうか?

参拝を終えたら
おみくじを買って、ジムニーに戻る。

ここでiPhoneに異変が起きる。
充電が出来ないのだ。

まさかバッテリーがやられたのかと思い
近くのショップで見てもらったが、
充電器が悪いらしく、新しい充電器を買って
充電することができた。

この旅でiPhoneはカメラの役割があるので
充電することが出来なかったら
モチベーションが駄々下がり間違い無し

事なきを経て今日の宿へと向かう。

島根ではなくもはや鳥取県だが
鳥取県の端にあるネットカフェで今日は
就寝予定だ。

しかし

ここで異変が起こった。


ネットカフェの近くのレストランで夕食を
食べていたが、急に寂しさを感じた。

一人旅は孤独だ。
それを楽しむ旅でもある。

家族や親しい友人はいない。
話をする相手もいない。
見知らぬ土地で一人きり。

出雲大社で楽しそうにしている人達や
レストランで談笑しれいる人達を見て
「孤独」という寂しさの恐怖を感じたのだ。

気持ちが悪くなり
思うように夕食が食べれない。

自分はこんなにメンタルが弱ったのだろうか…。

そんなことはない!!

と気合で夕食を食べ終えるが、気持ち悪さは
治まらない。

情けないが母親に連絡をして
話を聞いてもらう。

本当に情けない。

何とか少しメンタルを立て直す。

この寂しさや気持ち悪さは自分に自信がない
表れだろうか…。

あれやこれや考えている内に
ネットカフェに入る時間だ。

余計な事を考えずにシャワーを借りて
やるべき事をやって就寝。

明日は鳥取砂丘だ。
今日のようなハードスケジュールではない。
きっと今日より楽しい筈だ。

出雲大社でもらったパワーで
寂しさなんかふっ飛ばしてしまえ!!


一日目の使用金額と走行距離

・ガソリン   2540円
・お参り    160円
・雑費     1398円
・食費     1250円
・快活クラブ  2000円
・関門海峡   110円

合計 9493円

走行距離 約380㎞

次回
日本一周の旅 二日目 島根県~福井県 山の洗礼と夜間走行の恐怖 - 緩く生きていく日記